忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 5 6
8 9 10 11 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリー
フリーエリア
最新記事
最新コメント
[10/10 sengai]
[10/10 波田純]
[11/10 蟾咳道人]
[02/19 蟾咳道人]
[02/18 寝屋長者]
プロフィール
HN:
日思庵主人
性別:
非公開
最新トラックバック
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析
忍者アド
忍者アド
最新トラックバック
蟾咳道人反省記(せんがいどうじんはんせいき)
蟾咳道人による半世紀に亘る反省記。蟾咳子、公募展等に応募するが概ね選外に終わる。日暮れて道、遠し。今はただ、ぐずぐず、くどくど、縷々、延々と言うても詮無い繰り言を繰り返す。
<<   2017   10   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 美術情報へ
にほんブログ村

  やはり、前田吟さんといえば実直な工
員のイメージがあります。長年、老生も零細な印刷企画会社に勤めておりました
ので『男はつらいよ』の登場人物では
『とらや』裏で「朝日印刷」に勤める寅
さんの所謂『労働者諸君』の一人である
ヒロシに最も感情が移入されます。老生
の勤め始めた40年以前でも活版印刷はす
でに過去のものでありました。敢えて活
版によって、懐旧的な手触りの効果や紙
の凹凸効果を期待する印刷として特殊に
使用されていました。黒い紙に活版のか
ら印字で紙に生まれる陰影だけを印刷さ
れた詩集などを記憶しています。
「朝日印刷」の印刷技術の変遷には自分の年齢と重なり、印刷業界にP.C.が導
入される頃の寅さんのお話は身につまされる思いで観ておりました。老生、テ
レビジョンを見ません見ている人からの伝聞です。正しく伝えられているかは
保証の限りでは有りません。何はともあれ、浪花友あれ、あくまでも根拠の無
い個人的な感想です。
ちょっといいねと思ったら下のアイコンをクリックして蟾咳道人のランキングを上昇させて戴くと忝く存じます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へにほんブログ村ブログランキングへ日思庵へ

拍手[1回]

PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password


<<   HOME    351  350  349  348  347  346  345  344  343  341  338   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts